1934年 北海道生まれ。室蘭市で幼少期を過ごす。
1959年 慶応義塾大学法学部で国際関係論を学んだのち、NHK国際局を経て、
アナウンサーとして朝日放送に勤務。
1961年 フルブライト交換留学生として渡米。
コロンビア大学にてフォト・ジャーナリズムを学ぶ。
ハーレムに住み写真を撮りはじめる。
その後ニューヨークに10年在住。

shutter      shutter
1968年 ハーレムの子供を撮った写真で公共広告賞を受賞。
JWT広告会社にスタッフフォトグラファーとして勤務。
1971年 帰国。
1972年 写真展「ハーレム Black is beautiful」を開催。
「ハーレムの熱い日々」(講談社文庫)出版。
1981年 東宝映画「ロングラン」監督。
1989年 JCJ(日本ジャーナリスト会議)特別賞受賞。

2001年

2002年
写真集「Beautiful age 華齢な女たち」を出版。
同写真展を 銀座、大阪、名古屋、札幌、沖縄、
世田谷など、全国6カ所で開催。

2003年 北海道写真の町・東川町 第19回国際写真フェスティバル
において写真集「華齢な女たち」が東川賞特別賞受賞。受賞作家作品展開催。

川崎市岡本太郎美術館「肉体のシュルレアリスム 土方巽抄」に作品出品。

現在も北米、中米、東南アジア、中東、アフリカ等世界を駆けめぐり、 人々の生活、感情に思いを寄せた視点で写真を撮りつづけている …



2002年の教材誌で紹介して頂きました。
「めざせ!21世紀の国際人1 国際平和につくした日本人」くもん出版




 
 



Copyright (C) 2013 RUIKO YOSHIDA. All Rights Reserved.
Web Design by TAKAYUKI OSUMI.